① ユーグレナ(ミドリムシ)の歴史

「ユーグレナ」とは「ミドリムシ」学名で「Euglena」と書きます。ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味です。
5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物で、人類の大先輩です。1660年代オランダの「微生物学の父」と言われたアントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。ミドリムシはべん毛の近くに、光を感じるきれいな赤い点(眼点)を1つ持っています。
このユーグレナの赤い点が美しい瞳に見えたことから。「ユーグレナ(美しい眼)」と名付けられました。

その後、1950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らが、ミドリムシを用いて光合成の研究を行い、1961年ノーベル化学賞を受賞しています。

NASAでも大注目!!

1970年代、ユーグレナ(ミドリムシ)はアメリカ航空宇宙局(NASA)で、宇宙開発の分野でも注目されました。
ユーグレナが太陽光と二酸化炭素で育つことができることから注目されました。
宇宙空間において、乗務員の呼吸によって排出された二酸化炭素がユーグレナ(ミドリムシ)の成長を促し、結果、酸素も得られるというメリットが発見されました。
空気のない宇宙空間においても、ミドリムシは活躍しそうですね!宇宙に人類がどんどん進出する未来では、ユーグレナ(ミドリムシ)はもっと欠かせない存在になっているかもしれませんね!

昔から注目されていたのに、どうして今??

1990年代にはミドリムシを使った医療、医薬品の開発、二酸化炭素固定などについて研究がおこなわれていましたが、研究だけで長年実用化には至っていませんでした。

それは、ユーグレナ(ミドリムシ)があまりにも凄すぎるためです。
豊富に栄養素を持つため、ほかの微生物にとってもユーグレナ(ミドリムシ)は究極のご馳走なんです。だから培養しようとしても、ちょっとでも細菌や微生物が入ると、すぐに全滅してしまう。大量に培養するのは非常に難しく、実現不可能と、多くの研究者の間で考えられていました。

不可能を可能にした東京大学ベンチャー

このミドリムシが、発展途上国の食糧問題を解決する切り札となると考えた、東京大学の研究者が、ミドリムシの大量培養の実現に向けた一大事業に挑みました。
栄養価が豊富なユーグレナ(ミドリムシ)なら、栄養不足で生きることができない世界の子供たちを救うことができる。研究に研究を重ね、ついに沖縄の石垣島で大量培養をすることに成功しました。これは世界初のことで、今日本のこのミドリムシは、世界のあらゆる機関から注目されているんですよ!!
ミドリムシサプリ(ユーグレナ)人気ランキングはコチラ

どれを選べはいいか分からな~い そんな方のために・・・ おススメの選ぶポイントをまとめました!

  • ミドリムシって??
  • どんな人に必要なの?
  • 選ぶポイントは?
  • 体験レポート
  • どんな効果があるの
  • ミドリムシが世界を救うって本当!?






We Love Euglena!

ミドリムシ(ユーグレナ)の良さを、日本中に知ってもらうためこっそり色々な会社のミドリムシサプリを調査しています。
ミドリムシ(ユーグレナ)が拡がれば健康な人も増え、地球の未来も救われる!私の調査の記録や皆さんの口コミがお役に立てれば…♪ミドリムシサプリ研究会

2018年03月28日ランキング更新

みんなが選んだただ今のNO.1!!
全8商品の中から第1位獲得!!
詳細はこちら

ユーグレナ情報館

  • ユーグレナの基礎知識
  • 世界の未来も救う!? 驚異の生命体ユーグレナ
  • メディアでも話題! 大注目のユーグレナ
  • サプリメントの選び方